札所三十番 瑞龍山法雲寺/臨済宗南禅寺派/如意輪観世音

観音堂は3間4面の方形造りで江戸中期の建物である。ここには室町時代の古納札が保存されている。
山の斜面を活かした庭園は四季折々の草花が美しい。以前住職が自慢していた龍に見立てた枝は現在片づけら
れてしまっていた(写真3枚目)。