札所二十八番 石竜山橋立堂/曹洞宗/馬頭観世音

本堂は直立した岸壁下に食い込むように建てられており、三間四面、方形屋根朱塗り、 江戸中期の建立である。 本尊は馬頭観音で木造寄木造りの漆箔三眼三面六臂の像である。
元は修験道だった所だそうで、すぐ隣に鍾乳洞がある。