札所二十番 法王山岩之上堂(いわのうえどう)/臨済宗南禅寺派/聖観世音

名前の通り荒川西岸の崖上にある。本堂は三間四面方形造りの美しい建物 である。現在の堂は江戸初期の造営と思われるが、元禄年間に内陣の補修、 宝永年間に彫刻の補修を経てきた。 本尊は聖観世音立像で高さ71cm、寄木漆箔、藤原時代の作といわれる。
写真でうまく伝わるどうか不明だか、花木も多く美しいお堂である。